フットサル日本代表戦を見ました

フットサル日本代表のワールドカップアジア予選を見ました。フットサルの試合がテレビで放送されることはなかなかないのですが、今回は全試合生中継で見ることができました。試合映像はカタールから転送されているので画質は荒いのですが、日本で見ることができるだけでも十分です。すでに4試合が終了していますが、一番おもしろかったのは対ベトナム戦でした。
ベトナムはワールドカップの出場経験がなく、今回アジア予選を勝ち抜いてすでに出場権を獲得しています。対して日本はここ数年のワールドカップには必ず出場しており、アジアではフットサル強豪国とされています。そんな日本代表が今回、ベトナムに僅差で負けてしまいました。5位決定戦で勝ち残ればワールドカップには出場できますが、アジアで負けたこと、何よりベトナムに負けたことが衝撃でした。しかし日本代表の選手は決してレベルが落ちたわけでも油断したわけでもありません。それだけベトナムが強く、アジア全体のレベルも底上げされているということです。ベトナムの強さを認め、アジアが強くなっていくことを喜びつつ、日本代表がワールドカップ出場権を掴みとることを信じています。

コメントを残す